スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ホワイトビーチ案「本命」…沖縄知事に官房長官(読売新聞)

 平野官房長官が1日に沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会談した際、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先として、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部への代替施設建設と徳之島(鹿児島県)へのヘリ部隊移転を先行実施し、その後で米軍ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)沖を埋め立てて本格的な滑走路などを建設したいとの意向を伝えたことが6日、わかった。

 仲井真知事らが那覇市内で記者団に明らかにした。

 知事や同県幹部によると、長官はホワイトビーチ案を「本命」と位置付けた。ただ、埋め立てなどに長期間かかるため、シュワブ陸上部に暫定的な代替施設を造るとし、同時に徳之島に普天間飛行場のヘリ部隊(約60機)の半分を移転させる考えを示唆した。徳之島空港の滑走路を使用し、空港そばに駐機場を造る案が有力という。長官はヘリ部隊の訓練を九州の自衛隊基地に分散させる案にも言及した。

 ホワイトビーチ案では、航空自衛隊那覇基地(那覇市)などを移すことも念頭に「沖縄の基地負担を集約する」と述べた。

 知事は記者団に「(分散で)ばらけすぎて訳が分からない。県民は、限りなく100%に近い県外移設を要求している」と述べた。

シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
飛行船クルーズ、五輪会場を活用=「首都発」実現、料金半額に(時事通信)
日本医師会長に民主寄りの原中氏(読売新聞)
鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ−普天間移設(時事通信)

金嬉老元受刑者死去 68年、寸又峡で籠城事件 81歳(産経新聞)

 【ソウル=水沼啓子】1968年に静岡県で2人を射殺後、温泉旅館に立てこもった「金嬉老(きんきろう)事件」で無期懲役が確定後、99年に仮釈放され韓国に渡った金嬉老(本名・権禧老=クォン・ヒロ)元受刑者が26日、韓国・釜山市内の病院で前立腺がんのため死去した。81歳だった。

 金元受刑者は静岡県で借金返済を迫った暴力団員2人を射殺。その後、県内の寸又峡(すまたきょう)温泉の旅館でライフル銃やダイナマイトで武装し、人質13人を取って籠城(ろうじょう)した。籠城の様子はテレビで実況中継され、日本最初の劇場型犯罪とも言われた。

 在日韓国人2世だった金元受刑者は、人質解放の条件として民族差別発言をしたとされる警察官に謝罪を要求。マスコミを利用し、一躍世論の注目を浴びた。韓国でも大きく報じられ、民族差別と闘った英雄として取り上げられた。

 4日後、報道関係者にふんした捜査員によって逮捕された。75年11月に最高裁で無期懲役判決が確定。90年に韓国・釜山で仮釈放を求める署名運動が始まった。99年9月に事件から31年ぶりに仮釈放され韓国に渡ったが、韓国では“民族の英雄”として迎えられた。

 釜山で2000年、内縁関係にあったとされる女性の夫に対する殺人未遂事件などを引き起こし、韓国で再び服役。03年に出所した後は、韓国のマスコミにもほとんど登場することがなくなった。

 関係者によると、金元受刑者は「遺骨の半分は父親の故郷である釜山沖にまき、半分は静岡県の母親の墓に埋めてほしい」との遺言を残していたという。

【関連記事】
キンキロウ物語 怖いモノ知らずの金嬉老元受刑者
金嬉老氏、日本に入国許可要請へ 
金嬉老氏の常連店だった!日本人観光客も死傷の韓国射撃場
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
成田空港発着枠拡大、認知度アップへ千葉県も提言(産経新聞)
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)
前納金返還認めず 4月以降 入学辞退側が逆転敗訴 最高裁(産経新聞)
<爆発>幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)

徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加−鹿児島(時事通信)

 「子どもの未来に基地はいらない」。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を受け、政府が訓練移転先として検討している鹿児島県の徳之島では28日、移転反対を訴える大会が開かれ、島内3町などの約4200人が参加した。
 大会は天城町の野球場で開催。同町など島内3町長のほか、小池百合子元防衛相、鹿児島選出の衆院議員らも参加した。
 徳之島町の磯川真理枝さん(39)は「子どもを島で伸び伸び育てたいという願いは母親のわがままなのでしょうか。子どもの未来に基地はいらない」と訴えた。
 またサトウキビの収穫を中断して参加した天城町の農家貞山和恵さん(74)は「腹が立つ。ここには基地を造らせない。きょうは収穫どころではない」と怒りをあらわにした。
 この一方で、天城町の男性(63)は「米軍が来ると人口も雇用も増えて島のためになる。大きな企業誘致と考えている」と話し、大会には参加しなかった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
郵貯限度額、修正に否定的=30日の結論目指す−鳩山首相(時事通信)
<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)
高架に車衝突情報、点検で大阪・環状線乱れる(産経新聞)
虐待防止へ厚労省と文科省が指針(産経新聞)

<イチゴ狩り>甘い香りに誘われて…愛知・豊田(毎日新聞)

 ミツバチが飛び交い、甘い香りが漂うビニールハウスの中は春本番。愛知県豊田市乙部町の「うめこう桃梨苺(ももなしいちご)園」は、イチゴ狩りを楽しむ家族連れらでにぎわっている。

 名古屋近郊でイチゴ狩りが楽しめる場所を、と07年に開園。今年は同市貝津町に2号園もオープンし、5月下旬までのシーズン中、5000人の来場を見込む。同園の梅村香織さん(38)は「酸味が少なく甘みが強い人気の品種『あきひめ』をいっぱい食べて」と話す。

 同園は完全予約制でインターネットを通じてのオンライン予約も可能。問い合わせは同園(0565・41・4719)へ。【大竹禎之】

【関連ニュース】
話題:もぎたてガブリ イチゴ狩り盛況 八女

雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)
<蒸気機関車>ぽっぽー春の音…「SLやまぐち号」出発進行(毎日新聞)
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)
小林議員辞職勧告案提出へ 自民が検討(産経新聞)
<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)

カテーテルに空気混入=入院患者が死亡−静岡(時事通信)

 国立病院機構静岡医療センター(静岡県清水町)は19日、入院していた同県東部の80代男性が、カテーテルから血管内に空気が混入したとみられる事故で死亡したと発表した。同センターは異常死として県警沼津署に届け出た。同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて調べる。
 センターによると、男性は2日に下部胆管がんの摘出手術を受け、首から心臓付近までの静脈にカテーテルを挿入されていた。6日午後、点滴に薬液を混ぜ投与する器具の連結部が緩み、液が漏れているのに看護師が気付いて締め直したが、約10分後に容体が急変し、12日に死亡した。 

【関連ニュース】
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い
グループホーム火災、7人死亡=「ストーブから火」
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる

参政権付与は「対馬への裏切り」対馬市議会の意見書確定(産経新聞)
<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)
投票先で「みんなの党」がついに10%(産経新聞)
首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす(産経新聞)
公務員「早期勧奨退職」継続、総務相が意向(読売新聞)

清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説(時事通信)

 「動脈列島」などで知られる作家の清水一行(しみず・いっこう、本名和幸=かずゆき)さんが15日午後5時ごろ、老衰のため東京都千代田区の病院で死去した。79歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻美恵(みえ)さん。
 週刊誌記者などを経て、1966年、証券界の内幕を描いた「小説兜町(しま)」でデビュー。戦後の日本経済や企業を題材にした経済小説やミステリーで人気を集めた。新幹線の騒音公害に敵意を持つ犯人と捜査当局の攻防を描いた74年の「動脈列島」で日本推理作家協会賞。ほかに「虚業集団」「首都圏銀行」「重役室」など。 

【関連ニュース】
西島大氏死去(劇作家)
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去

<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)
派遣法改正案を閣議決定=製造業派遣を原則禁止−政府(時事通信)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
反対派住民が説明会阻止(産経新聞)

鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日夜、政権発足から半年を迎え「コンダクター(指揮者)自身がどこにいるのか見えないとの気持ちも理解できる。これからは、しっかりとした音色が出るプレーヤーも目指したい。即決しなきゃならないときには自分の意思を強く示したい」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【政権発足から半年】

 −−今日、政権交代から半年を迎えたが改めて総括を

 「はい。新政権ができて今日でちょうど半年になりました。その間、やはり、国民の皆さんが、辛抱強く政治を変えなきゃいけない。そして、政権交代で変えた。その期待感から、今は必ずしも変わってないじゃないか。特に、政治とカネの話はどうなんだと強いおしかりをいただいていると率直に反省をしています」

 「まず、政治とカネの問題に関しては、それぞれが、しっかりと説明責任を果たしていく。国民の皆さんに対して、自分の立場を、しっかりと説明をすることが、やはり、これからも丁寧に求められていくと思います」

 「一方で、これは申し上げましたけれども、やはりシステム全体のなかで、こういったことが未然に、防げるような、起きないような、たとえば、企業・団体献金の禁止とか、あるいは政治家と秘書のあり方とか、その辺に向けて、改革が求められている。これは、早急に、与野党をこえて答えを出していきたいと思います」

 「これを前提として申し上げれば、私ども、政治主導という立場をかなり明確に出して新政権発足してきたと思います。新政権としていわゆる、今審議中の予算でありますけれども、予算も、いわゆる『コンクリートから人へ』という発想のもとで、大胆に公共事業を削減する。そして、人の部分。教育とかあるいは社会保障は、極めて今までではできなかったような形でメリハリをつけることができたと思ってます。したがって、私は予算があがれば、国民の皆さんに新政権の新しい姿を、実感していただけるとは考えています」

 「いわゆる事業仕分けのようなことで、国民の皆さん、旧政権にさまざまな無駄があるんじゃないかと。政官業の癒着。こういったものを是非、すべて打ち払って欲しいという強い希望があった。それに対して、われわれは果敢に立ち向かっていることは事実です。ただ、時間的な状況のなかで、必ずしも十分でないねという思いも、国民の皆さんが持っておられるのも、これも実態だと思います」

 「さらにこの部分に関して、もっと徹底的に行動していくことが求められていく。私は、一部の議員に任せるのではなくて、民主党、あるいは連立与党全体ですけれども、すべての議員が総参加をして、この問題に対して立ち向かっていく姿というものが求められているのではないかなと。そのようなことを行いながら、いわゆる事業仕分けとか、行政刷新というものをさらに徹底化していきたいと思っています」

 「色々と、ご批判も私自身にもあることも分かっています。すなわち、コンダクターはいいけれども、必ずしも、十分なきれいな音色が出てないじゃないかとか。あるいは、コンダクター自身がどこにいるのか見えないと。そのようなお気持ちもある種理解できると思います。したがって、これからは、コンダクターではありながら、自分でもしっかりとした音色が出るような、そういうプレーヤーも目指していきたい。即決しなきゃならないときには、自分の意思を強く示して参りたい」

 「たとえば、今日も実は新しい公共。これは、国民の皆さんに、『新しい公共って何だね』と思われるかもしれません。しかし、大変大きな日本の社会の変化であって、そのためのそういった、いわゆる民間の力をもっと発揮できるようなシステムを作り上げていくために、政府がいわゆる血流をもっと活性化させなきゃいけない。その役割を果たすための、たとえば、寄付税制のあり方。税額控除はいいじゃないかというようなことをね、私の方からも主張させていただいて、これも必ずまとめるということを致していきます。必要なときに、自分の意思をもっと前面に出すことが求められていると判断をしておりますから、こういう形で新しい半年経った新政権の姿を、変化を見届けていただけるように、しつらえていきたいと思ってます」

 【高校無償化と子ども手当の法案】

 −−続いて今日、高校無償化と子ども手当の法案が、公明党も賛成して衆院を通過したが受け止めを。マニフェスト実現のためにはさらなる財源が必要となるが対応策について

 「私はまず、これは衆議院通過ですからね。これから参議院の審議が始まるわけで、参議院でもいろいろとご議論が期待されます。ただ、まず、衆議院が与党だけではなくて、野党も、公明党さん、共産党さんも、審議のなかで議論をして、最終的に賛成をしてくださったことは、色んなバラマキのような批判も一部でありましたけれども、多くの政党の皆さんが、野党であっても賛成だという方向を打ち出してくださったことは、大変ありがたいことだと感謝をしています。さらに、良いものにしていく努力が、これからも求められていくなと考えています」

 「ある意味で、民主党というか、連立与党の大変大事なマニフェスト(政権公約)の要のような政策でありましたから、その2つが衆議院を通過をしたということは、素直に喜びたいと思っています。ただ、やはり、財源がこれからも求められていく。特に、子ども手当の場合、『来年以降どうだ』という議論があります。これに対しては、われわれとしては、歳出の削減、予算の見直しと、常に申し上げておりますけれども、国民の皆さんに将来的に子供さんの手当に対して、子供に将来の負担が増えるみたいな話に陥っちゃいけないと思っていますから、徹底的に歳出の削減、予算の見直しのような議論をしていきながら、財源を見いだしていきたいと考えています」

=(2)に続く

【関連記事】
鳩山首相がボヤキ「私はアメリカ大好き人間なのに…」
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正
小沢“敵失”にニヤリ 邦夫離党「戦わずして自民は自壊」
「徳之島」検討指示 普天間問題で首相
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし
20年後、日本はありますか?

輿石氏、農地の無断転用問題で「直せるものは直す」(産経新聞)
<希望留年制度>大学公認、「新卒」で就活に再チャレンジ(毎日新聞)
糖尿病とアルツハイマー病の合併で症状悪化 “負の連鎖”を阪大研究チーム突き止める(産経新聞)
民主党・政治改革推進本部、国会法改正案を了承(産経新聞)
監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)

サクラ並木 春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)

 14日の東海地方は高気圧に覆われ、各地で春の陽気となった。名古屋市で一番早く咲く桜といわれる東区泉のオオカンザクラとカンヒザクラの並木も満開となり、ピンクの花が通行人の目を楽しませていた。

【特集】全国各地のさくら情報

 名古屋地方気象台などによると、名古屋市ではこの日18.9度を記録。岐阜市18.1度、津市17.9度など、いずれも4月上旬から中旬並みの気温にまで上昇した。【飯田和樹】

【関連ニュース】
【写真で見る】各地のさくら便り
【写真で見る】昨年もきれいでした 各地のサクラ
【写真特集】花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と
桜:高知で開花 平年より13日早く

<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
<北教組献金>小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)
<東富士演習場>使用協定延長協議を再開へ(毎日新聞)
皇太子さま帰国=ガーナなど公式訪問終え(時事通信)
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相 (産経新聞)

<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡県警は12日、女子高生の体を触ったとして県警小倉南署総務課巡査部長、住吉英二容疑者(31)を強制わいせつ容疑で緊急逮捕した。県警によると、この日は非番で容疑を認めている。現場付近で類似の事件も起きており余罪を追及する。

 逮捕容疑は同日午後1時35分ごろ、北九州市戸畑区の建物敷地内で、徒歩で帰宅途中の女子高生(16)に抱きつき、体を触るなどしたとしている。女子高生が悲鳴を上げたため逃走した。

 女子高生は帰宅後「いたずらをされた」と話し、家族が110番。県警戸畑署員が、現場から約300メートル離れた路上で服装などから住吉容疑者を見つけて取り押さえたところ「もう逃げません」と観念したという。

【関連ニュース】
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
NHK:強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に
教員免許:失効知らず講師採用 三重の県立高
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
わいせつ:筑波大院元教授に有罪判決 水戸地裁支部

殺人で捜査本部を設置=東京・国分寺の男性死亡−警視庁(時事通信)
<硫化水素自殺>製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体(毎日新聞)
景気動向を注視=平野官房長官(時事通信)
携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
前原国交相、小沢氏の辞任望ましいと示唆?(読売新聞)

<訃報>佐藤昭子さん死去 81歳 田中角栄元首相の秘書(毎日新聞)

 田中角栄元首相の秘書で「越山会の女王」などと呼ばれた佐藤昭子(さとう・あきこ)さんが11日、肺がんのため東京都港区内の病院で死去した。81歳だった。葬儀は12日、近親者のみで済ませた。喪主は長女敦子(あつこ)さん。

 佐藤さんは約2年前から肺がんを患っており、11日朝、容体が急変した。

 新潟県柏崎市出身。1952年に元首相の選挙活動を手伝った縁で、秘書になった。その後、元首相の政治団体「越山会」の会計責任者などを務めた。その絶大な影響力から「越山会の金庫番」と呼ばれ、当時、田中派の中堅だった小沢一郎民主党幹事長らが「ママ」と慕っていた。

 元首相が病に倒れた85年、娘の田中真紀子元外相によって事務所が閉鎖され、解雇された後は政治団体を主宰していた。

 訃報(ふほう)を聞いた小沢氏は11日昼、佐藤さんが亡くなった病院に駆けつけた。亡きがらを前に「ママ、長い間お世話になったね」と涙を流していたという。

大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)
温室ガス総量規制が軸、原発推進明記…基本法案(読売新聞)
無住の寺から仏像盗んだ元住職に懲役1年と3年 奈良地裁支部(産経新聞)
六ケ所村 高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)
<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
自己破産
ライブチャット
現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    AtoZ (08/29)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/14)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/08)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    オリンキー (01/03)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    タンやオ (12/29)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    まろまゆ (12/20)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    きんちゃん (12/16)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    パイン (12/11)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    夜沢課長 (12/07)
  • 他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM